HOME
NEWS
SKINCARE
Q&A
NETSHOP
for PRO
CESS

<スキンケア目次に戻る>

洗う〜クレンジングと洗顔のポイント

 


●お肌にはどんな汚れがついてるんでしょう?

朝のスッキリきれいにメイクしたお肌も・・・・夕方にはすっかりくすんでしまいますね

 

 

一日忙しく過ごした後のお肌には、実にいろんな種類の汚れがいっぱいです。これをそのままにしておくと、ザラツキや毛穴の黒ずみ、ニキビなどの原因に。朝晩のお手入れは、まずこれらの悪影響を取り除き、肌を清潔にする事から始まります。

●洗顔の基本ってどんなことかな?

お肌の汚れ落としは、まず、メーキャップをきちんと落とすことから始まります。その後、洗顔料で汗や皮脂などを洗い流すのがスキンケアの基本。やっぱりどちらも大事です。

 

クレンジング〜しっかりメイク落とし

洗顔料〜泡でやさしく落とします。

つけているときには美しく演出してくれるメイクも、時間がたつとお肌から分泌された汗や皮脂と混ざりあって脂汚れに変化してしまいます。脂の汚れは空気中の活性酸素と反応して酸化され「過酸化脂質」と呼ばれる有害な物質の変わってしまいます。健やかな肌のためにその日の汚れはその日のうちにしっかり落としましょう。

時間のたったメイクに、皮脂などが混ざりあった汚れは脂汚れです。しかも肌に密着しているので水や洗顔料だけでは落ちにくいものです。。メイク落としは、そんな汚れをなじませて、肌から浮き上がらせます。だからしっかりメイクもスッキリ落とせます。

汗、皮脂、不要な角質は取り除くのが洗顔の役目です。洗顔と一口に言っても、固形状、液状、クリーム状、パウダー状、フォーム状など様々なタイプがありますが、すべて泡立てて使います。洗顔料に含まれる洗浄成分は泡立つ事で汚れと混ざりやすくなります。泡が汚れをしっかり包み込んで、肌から持ち上げるのです。たっぷりの泡できれいに汚れを取り除いて清潔な素肌にリフレッシュ。

 睡眠中は肌の生まれ変わりがとても活発。朝の肌には不要になった角質や汗、皮脂などが付着しています。こんな汚れは水だけの洗顔では不十分です。朝もできちんと洗顔料を使いましょう。

●効果的な洗顔方法をおさらいしてみましょう!


1.まず、顔全体をぬらします。(お化粧しているときには必ずクレンジングをしましょうね。)

2.洗顔料を適量手に取ります。このとき手が汚れているとうまく泡立ちません。きれいな手で。3.水かぬるま湯を加えながら、洗顔料を十分泡立てましょう。

きめ細かな泡が汚れを良く落とすんですよ。

4.洗顔料をお顔全体にのばします。

5.ゴシゴシこすらず、手と顔のあいだに泡を挟むようにしてらせんを描きながら丁寧に洗います。

6.水かぬるま湯で、すすぎ残しのないように、何度も丁寧にすすぎます。

お湯を使うと、乾燥が進みますから注意して!

7.タオルを肌におしあてるようにして水気をふき取ります。(ゴシゴシこすらないように)


ニキビの気になる人、清潔なタオルを使ってね。

洗顔のポイント
良く泡立てる
ゴシゴシこすらない
すすぎは十分に水かぬるま湯で

裏技!キレイになれる洗顔
毎日、汚れは出ますからもちろん洗顔は大切ですが、洗濯を何度も繰り返すと服がぼろぼろになるのと同じように洗顔自体も、肌にとってはダメージなんです。
「お化粧を落とすのと洗顔が一度にできます」とか「2度洗いでメイクも落とせます。」というのは簡単で便利でとっても魅力的ですが、毎日少しずつの負担がお肌にたまっていきます。
本当にお肌のことを考えたら、お化粧落としは、クレンジングで優しく行い、泡立てるタイプの洗顔は、ソフトに1回で済ませるのがベストです。一番きれいになれる洗顔の仕方〜それはダブル洗顔です。


セス コーポレーション株式会社
1580083 東京都世田谷区奥沢6-5-8
TEL:03-3702-1914 FAX:03-3702-1988
E-mail:mail@cess.co.jp