10.かゆみがあって赤い、または同じ薬を皮膚に6カ月以上連用している。

現在は要注意のお肌です。薬を長い間使用している場合、皮膚が過敏になってくることもあります。



健康面

糖分やアルコールなどはとりすぎないよう注意して下さい。 ビタミンB群、ビタミンCをとるのもよいでしょう。



美容面

化粧品をあれこれ変えたり、余分な刺激を与えないようにしましょう。 専門的な鎮静のトリートメントが必要です。



お肌のアドバイス

・薬を長い間使用している場合、皮膚が過敏になっていますので余分な刺激は極力避けるようにして下さい。
・ほてりやかゆみがある場合などは冷タオルなどで湿布して下さい。