4.目の下にシミが

 左右対称にできることが多く、紫外線によるシミと妊娠性のシミとが考えられます。急激に増加したりはしませんが、濃くならないように注意が必要です。肌がくすみがちになります。また秋口には、少し濃く感じられることがあるでしょう。



健康面

過酸化脂質になりやすいインスタント食品等は避けて、野菜、フルーツ等を多くとり、便秘をしないように心がけましょう。



美容面

お肌を乾燥させないようにしましょう。無理なマッサージやピーリングは避けて下さい。油分の多いクリームは避けて、モイスチャータイプで、刺激のない化粧品でお手入れを心がけて下さい。もちろん紫外線の予防を心がけて下さい。



お肌のアドバイス

・季節や体調等によりシミが目立つこともありますので、紫外線防止のお手入れを心がけて下さい。
・化粧水のパッティングや水性タイプのクリームで水分補給を心がけて下さい。